トイレの止水栓から水漏れ

トイレの水漏れはいろいろなケースがありますが、その状況に合わせて修理を考えていく必要があります。特に配管類からの水漏れは、深刻な状況を招くことがあるからです。

■給水管には圧力がかかっている

トイレにはさまざまな配管がつながっていますが、中でも重要になってくるのは給水管です。強い圧力がかかっていることから、何かあったときに止められるように止水栓がつけられています。取付けする場合にも、この止水栓を締めることによって給水を止めることができるため、大事なパーツといえるでしょう。しかし、止水栓があるということは、1本の配管ではなく継ぎ目があるということです。つまり、この継ぎ目から漏れてしまうことも考えておかなければいけません。



■止水栓の構造

止水栓の構造は、パッキンとスピンドル、コマの3つで作られています。単純な構造でパッキンによって水漏れを止めていますが、摩擦の力がかかっていくため、やがて劣化していくのを食い止めることはできません。この隙間から水漏れしていく場合には、交換するしかないでしょう。止水栓が機能しないことが原因の水漏れの対処法としては、家の給水している元栓を締めて交換するというのが一般的な方法です。
止水栓にもいろいろな種類がありますが、基本的な修理方法は同じです。構造的にもそう大きな違いはありません。技術的にはそう難しいことはない場合もありますが、念のためプロに依頼した方が安全で安心です。


■まとめ
止水栓のように、高い圧力がかかっている部分は、パッキンも劣化すると、水漏れといってもかなり水が出てくることもあります。いきなり漏れてくることもありますが、なにか予兆がある場合もあるので、日頃から気を付けてチェックしておくことが大切です。早めに対処することが一番ですが、自分では交換が難しい場合には、業者に依頼するのが確実といえます。元栓から止めて対処していかなければいけないため、どこにあるのか、どうやって止めるのかわからないときには業者に依頼した方がいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ