トイレの水漏れ用に置いておきたい工具

トイレをなおすためには、それなりの工具が必要になってきます。何もなしで水漏れの修理はできません。自分で修理することを考えた場合、最低限のものを購入して用意しておけば、何かあったときにも対応することができます。一般的に常備されているようなものもありますが、専用の工具などもあるので、知っておくといざという時に役立つでしょう。

■基本的な工具

一般的に常備されているものとして、ドライバーがあります。マイナスドライバーを使いますが、これで止水栓を締めることができます。強い力を入れる必要があることもあるので、柄の太いものを用意しておくと便利です。常備してあるような工具としては、モンキーレンチもあります。ナットを締めるための道具として使いますが、サイズが合わないと力がうまく入りません。サイズもいろいろなものが存在しますが、トイレのスペースが狭いところで使うことも出てくるため、ある程度使い分けをしたり、スパナを用意したりして対応します。ナットを締めたり緩めたりすることは修理する上で重要な部分です。


■特別な状況で使う工具

特別に用意しなければないものに、ウォーターポンププライヤーがあります。止水栓の水漏れを修理するための工具です。この工具は、止水栓が円形でモンキーレンチでは引っかからず、回すことができない時に必要になってきます。同じように必要になってくるのは、モーターレンチです。排水管の修理に必要な工具で、モンキーレンチでは入らない場合などに必要になってきます。修理する配管の太さやスペースが違うために、こういった工具が必要になります。実際に似たようなもので対応できそうに見えますが、工具はそれぞれの太さなどにマッチしたものを選ぶことが重要です。


■まとめ
自分で修理をする際には、必要な工具を用意しておくことが大切です。状況に応じてさまざまな道具が必要になってきますが、他にも大切なものとしてバケツやタオルもあります。トイレで水が漏れている状況ですので、被害をできるだけ少なくするために役に立ちます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ