トイレの水漏れはタンクからも

トイレの代表的な水漏れとして、ちょろちょろと水が止まらないことがあげられます。水漏れといっても外に漏れるのではなく、便器の中に漏れていくという現象です。水道代が高くなって気が付くこともありますが、非常によく起きるトラブルといえます。

■消耗品の劣化による水漏れ

トイレの水漏れの大きな原因の一つとして、消耗品といえる部分が劣化したりすることで正常な働きができなくなり、もれてしまうということが挙げられます。多くの原因はこれであり、部品を交換することによって状態を改善することができます。
ちょろちょろと漏れていく原因もボールタップやフロートバルブと呼ばれるタンクの中にあるパーツの劣化が大きな原因です。ここが正常に働かないと、便器へと水漏れが続くことになり、どんどんと水道を消費していきます。


■構造を知って水漏れの原因に応じた対策を

修理方法として重要になってくるのは、構造を知ることです。フロートバルブを取り外す場合には、まず水を抜いておくことです。フロートバルブがしっかりと密着していれば、開閉運動をしたときにも水が逃げ出してしまうようなことはありません。しかし、密着できないような変形していたりすると、それだけで水漏れを引き起こしてしまうことになるでしょう。その場合には、そのまま交換することになります。鎖の状態も重要で、劣化してうまく動いていなかったりすると、水漏れを起こしてしまう要因になるため、チェックしておきましょう。


■まとめ
トイレでちょろちょろと漏れてしまうようなときには、タンクを確認するのが一番です。ほんのわずかでも漏れていると、それだけでも驚くような水道料金になってしまいます。そういう事態を未然に防止するためにも、異変を感じた時には、すぐに対処しましょう。自分で対応できないようなときには、水道 修理業者に依頼して修理した方が、放置するより料金もお得です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ